Remo Repair

レモ修理ヘルプ

Outlookのエラーを修正する方法は?

Outlookは、広く世界中で使用されるMicrosoftによって開発されたソフトウェアプログラムです。 MS Outlookのは、このアプリケーションは、スタンドアロンアプリケーションとして付属していまたはMicrosoft Officeスイートに含まれているなどの電子メール管理、Webブラウザ、カレンダー、アドレス帳、メモを作成するなどの多くの優れた有用なサービスとのユーザに提供します。このアプリケーションは、セキュリティ機能が強化されているが、時にはユーザーは非常に困難なOutlookアプリケーションにアクセスして、多くのエラーに遭遇することを見つける。によりこれにOutlookからアイテムが削除され、アクセスできなくなりますされます。

あなたがより速く、Outlookの問題を解決するために、ここでは最も一般的に受けたOutlookのエラーとその解決策は以下のとおりです。

  • Outlook Send エラー: “オブジェクトが見つかりません”

これには、このエラーメッセージが発生したため2の理由は1、あなたのOutlookプロファイルが破損していると、他の理由があなたの自動SMTP設定が正しくピックアップされていないだろうで、主にあります。

ソリューション: SMTP設定の場合は、手動での発信を設定する。それを行うための最も簡単な方法は、メールアカウントを削除し、再度追加することです。あなたはSMTP値がわからない場合は、サービスプロバイダにお問い合わせください。 Outlookの破損の設定については、次のようなScanpst.exeとを使用するか、強力なPSTファイルの修復ユーティリティの助けを借りて、PSTファイルの破損を修復することができます レモ修理見通し.

  • 送信/受信エラー: “Outlookデータファイルは、エラーをアクセスすることができない”

あなたの電子メールが間違った場所に保存されている(または)Outlookのアカウントが正しく構成されていない(または)Microsoft Outlookのアプリケーションは、データファイルへの書き込み権限を持っていない場合、このエラーメッセージが表示されます。

ソリューション: あなたが複数のOutlookのアカウントを使用している場合は、Outlookのデータファイルが間違った場所に電子メールを保存している場合があります。この問題を解決するには、アカウント設定と「フォルダの変更」をクリックして行くことによって、フォルダの場所を変更する。 Outlookの構成が正しくない問題の場合は、単に新しいOutlookプロファイルを作成し、既存のデータファイルを追加します。また、Outlookのパーミッションの問題は、単に管理者としてあなたのアカウントにログインし、必要な変更を行います。

  • 送信エラー: “このクライアントでサポートされている認証方法のいずれも、ご使用のサーバーでサポートされていません”

送信メールサーバーの設定が間違っている場合は、このエラーメッセージに遭遇する主な理由は、です。

ソリューション: このエラーメッセージを排除するには、アカウント設定を編集して、オプション「メールを送信する前に受信メールサーバーにログオン」をマークし確認してください。 (Outlookの[ファイル]メニューに移動 - >アカウント設定 - >メールアカウントをダブルクリック - > [詳細設定] - > [見通しサーバー - >チェックその後マーク、オプション「送信サーバー(SMTP)は認証が必要です」マークオプション「メールを送信する前に受信メールサーバーにログオンします」)

  • Outlookのエラーコード: “Outlookは、プロキシサーバーに接続することができません”

このエラーメッセージの背後にある理由は、Windowsルート時代遅れの証明書であり、解像度は、ルート証明書の更新を探して、これらの更新をマークし、それらをインストールすることです。

  • タスクエラー0x8004210A – “受信サーバからの応答を待っている間に操作がタイムアウトしました”

このエラーメッセージは、三つの理由によりトリガーされます。

  • メールサーバへの接続が遅い
  • あなたが大規模な電子メールの添付ファイルを送信または受信している場合
  • Outlookは、ファイアウォールによってブロックされて送信し、ジョブを受信