Remo Repair

レモ修理ヘルプ

Outlook 2007の問題

マイクロソフトは、Microsoft Outlook 2007のバージョンと新しい外観を導入したときに誰もが非常に存在していました。しかしによって渡された日のように、人々は、Outlookの属性を使用するか、アクセスしている間、彼らは多くの問題を経験したことを不平を言って始めました。そこでここではMicrosoft Outlookの2007アプリケーションの使用中に発生する可能性のあるすべての一般的な問題のリストです:

  • Outlookは、クラッシュ凍結または起動時に応答していません
  • 空白のメッセージを受信します
  • マイクロソフトOutlook 2007がMicrosoft Exchange Serverに接続できません
  • RSSの問題
  • 検索に関する問題
  • カレンダーの問題
  • Outlookコネクタの問題
  • 管理者の問題

手動の方法は、これらの問題を解決するために:

空白のメッセージを受信します: あなたのアンチウイルスまたはセキュリティプログラムのOutlookとの統合または電子メールスキャン機能を無効にします。メールを構成するときに時々、タイピングがメッセージの本文に文字を挿入しません。また、体をクリックすると、動作しません。に、CC、または件名をクリックして、メッセージの本文に戻す]をクリックします.

Outlookがクラッシュしています: アドインを無効にします。あなたはAdobe社のAcrobat 6がインストールされている場合は、アドインの最初の無効にします。 SnagItのアドインまた、Outlookがクラッシュします。あなたがアドインを無効にしようとすると、Outlookがクラッシュした場合は、レジストリを編集する必要があります。マイクロソフト\オフィス\ Outlookの\アドインのHKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \を参照し、0にアクロバット、SnagItのまたは他のマイクロソフト以外のアドインのロード動作を変更します。

Microsoft Outlookの2007は、Microsoft Exchange 5.5に接続されません: 「Microsoftは継続的に製品のすべてのための一貫性のある予測可能なエンド·オブ·ライフサイクルの経験を提供するよう努めています:公式の単語は以下の通りです。標準のMicrosoftのライフサイクルポリシーに従ってExchange 5.5のは、結果として1月10日、2006年に拡張されたライフサイクルのサポートを終了し、Outlook 2007はExchange 5.5のをサポートしていません。展望も交換チームもこの組み合わせをサポートしているので、我々は両方の製品の革新の結果としてアップトリミング問題を発見および/または修正されません。むしろ、データの損失や頻繁なサーバーのダウンタイムのような潜在的な深刻な問題に顧客をさらすよりも、私たちはこれらの古い、現在サポートされていないサーバへの接続からOutlookを防止するために選択します。我々の研究は、Officeの最新かつ最高のバージョンに自分のデスクトップをアップグレードし、Exchange 5.5のような古いようなサーバーテクノロジーを実行したい顧客の比較的小さいセットがあることを示しています。もちろん例外は明らかであるが、それらが標準としていないようです。 "

RSSの問題: 複数のOutlookクライアントが同じストアに対して実行中のマシン上でRSSフィードを削除する場合は、フィードのアカウントマネージャのエントリは削除されません。 1台のマシンからRSSフィードのフォルダを削除すると、フォルダの削除は、あなたの他のすべてのクライアントにローミングします。あなたがそれらを再起動するまで、そのフィードのアカウントマネージャのエントリは、他のマシンのすべてに残ります。 RSSを追加する場合、それが動作しないアカウント·マネージャを介して供給されます。あなたはアカウント·マネージャを介してRSSフィードを追加する最初の時間はそれが正しく追加されません。アカウントマネージャーあなたクローズして再オープンすると、それ以降のすべてのフィードが正しく追加されます。

検索に関する問題: Windowsデスクトップサーチを必要とするOutlook 2007の上の公式コメント。 「Outlookは新しいWindowsデスクトップサーチ3.0プラットフォームを活用し、当社のインスタント検索機能のバージョンを開発するために、MSの検索チームと密接に協力してきました。これらの変更は、Outlookアプリケーションの基盤となるアーキテクチャを変換する際に多額の投資を必要としていた、そのようなものとして具体的には、新しいOutlook 2007のアプリケーションとWindowsデスクトップサーチ3.0をインストールする必要を設定するの周りを、エンドユーザー体験に変化を導入しています。

Windowsデスクトップサーチ(WDS)3.0は、ビスタのネイティブコンポーネントであり、Windows XPおよびWindows Server 2003ユーザーのためのWindows Updateを介してシステム構成要素として別々に出荷されています。 WDSインデックスがコンテンツとプロパティを介して高速な検索を提供するために、電子メールやその他のコンテンツをファイルシステムサービスです。それはあなたが現在使用してもよいWindowsデスクトップサーチのすべての以前のバージョン2.xへのアップグレードです。

効果的なサードパーティ製のツールを使用します:

上記の問題は、Microsoft Outlook 2007のアプリケーションの使用中に発生するいくつかの最も一般的な問題です。しかし多くの場合、これらの問題は、Outlookデータファイル(PST)に関連付けられています。問題を解消するには、レモ修復Outlookなどの信頼性の修復ユーティリティを使用してPSTファイルを修正する必要があります。上をクリックします レモ修復Outlookの このアプリケーションアボ以上を問い合わせます。