Remo Repair

Outlook Expressのエラーコード

Outlook Expressのエラーコード

マイクロソフトOutlook Expressは、一般的に通信目的のために使用されます。 Outlook Expressのアプリケーションを扱うときしかし何らかの原因により、あなたはいくつかのエラーメッセージが発生する場合があります。エラーコードは、あなたがメールを送信/受信しようとしているか、アプリケーションを開いているときに表示されます。ほとんどの時間、それはPSTファイルが破損または損傷していると述べています。のが頻繁に発生し、Outlook Expressのエラーコードを修正する方法されているエラーコードのいくつかを見てみましょう。

  • Microsoft Outlookのエラー0x800CCC0F

モデムまたはネットワークケーブルが切断されました。それが繰り返し発生する場合は、あなたの現代のドライバを更新。主な可能性の原因は、ラインノイズであってもよいです。

  • Microsoft Outlookのエラー0x800CCC15

あなたは、このようなエラーメッセージが発生した場合は、TCP/ IPプロトコルを削除し、再度インストールしてください。 Windowsオペレーティングシステムでは、コントロールパネルからネットワークにアクセスしてください。 (注:WindowsのCDが必要な場合があります)

  • Microsoft Outlookのエラー0x800CCC0B

このエラーは、サーバーが原因であるか、またはメールドロップがビジー状態です。このようなエラー1がメールサーバで取得するための3つの主な理由がありダウンまたは利用できない、パーソナルファイアウォールの設定および不正なOutlookのデータファイルですです。最初の二つは、手動での整流が、最後の1、すなわち誤ったOutlookデータファイルを使用するには、レモの修復ソフトウェアを使用するために持っていることができます。

  • Microsoft Outlookのエラー0x800CCC18

このようなエラーは、ログオンの試みが失敗したと述べています。あなたは、あなたのアカウント情報は、大文字と小文字の区別の詳細について確認して、正しかった入力チェックし、Outlook Expressを終了し、PCを再起動する必要があります。 ISPのアカウントがアクティブかMOTまだで、ISPは、電子メールのOutlookを持っていないことを確認してください。

上述に発生する可能性があるいくつかの一般的なエラーコードがあります。エラーのようなタイプのための基本的な理由は、というように、サーバーの問題、不適切な設定、ウイルス対策プログラムとに起因する可能性があります。問題のいくつかは、手動で修正することができますが、PSTファイルが破損し、いくつかの状況であなたが必要な場合があります レモ修復Outlookのユーティリティ.