Remo Repair

Mac OSXで奇妙なGoProビデオを修正するには??

GoProは最新のDSLRカメラブランドの1つで、最高の品質と明瞭さでビデオや静止画を撮影できます。 しかし、今日では、私のMac上でGoProのビデオが不安定になるのはなぜだろうかと考えられています。 また、GoPro Studioで不安定なビデオやジャーキーな再生が発生した場合は、高品質のビデオに対応するためのシステムマルチメディアとの互換性がないか、ビデオファイルが有害な問題を抱えている可能性があります。 しかし、この記事では、あなたのお気に入りのGoProビデオを致命的要因.

GoProビデオファイルの破損または損傷を回避するための主要な手順:

  • Macマシン上のサポート型マルチメディアプレーヤーでのみGoProビデオファイルを再生する
  • ビデオを録画する前に、必ずGoProカメラのバッテリバックアップを確認してください
  • MOVビデオ録画中にカメラのメモリカードを抜かないでください

これらのヒントがあなたの貴重なGoProビデオ映像を保護するのに失敗した場合は、信頼性の高いサードパーティ製ツールを使用してGoProのビデオが不安定になるのを修正する必要があります。 しかし、このような状況では、Remo修復MOVアプリケーションは便利で、不安定なGoProビデオを直ちに修復します。 この熟練GoProビデオの不安定な解決策は、効果的なアルゴリズムと一致しているので、スムーズにスキャンし、 壊れたGoPro映像を修復する それはあまりにも時間のうちに。 ソフトウェアには常にユーザーに適切なビデオ修復ガイダンスを提供するフレンドリなユーザーインターフェイスが付属しているため、ソフトウェアを使用してMacで不安定なGoProビデオを修正する方法に関する問題を解決できます。 この優秀なユーティリティは、製品の効率を分析するためのデモバージョンでユーザーを可能にし、ライセンスバージョンの購入後、あなたは絶対に無料の24/7テクニカルサポートを受けるでしょう。 それは不安定なGoProビデオをサポートしています スマートフォン、ビデオカメラ、カメラなどを使用してキャプチャされた映像を再生することができます。ツールは、修復されたGoProビデオファイルを適切な保存先に保存する前に再生することができます。 このウィザードは、ヨセミテなどの異なるMac OSX上で動作するように完全に互換性があります。 Mavericks 10.9、Mac OS X 10.8(マウンテンライオン)、Mac OS X 10.7(Lion)、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)など.

Remo Repair MOVツールが便利なシナリオ:

不適切なファイル転送、メディアプレーヤーのクラッシュ、サポートされていないメディアプレーヤー、GoProビデオファイルのヘッダー破損、ビデオカメラファームウェアの不具合、メモリスペースの不足、ビデオカメラの電源バックアップの不足など、恐ろしいシナリオがたくさんあります。 ビデオファイルが壊れたり破損したりすると、最終的に不安定になります。 しかし、Remo Repair MOVソフトウェアを選んだ場合、「GoProの不安定な再生を修正する方法」のような質問はもう必要ありません。.

 
 

破損したGoProファイルを修復するための簡単な手順:


Step 1: MacコンピュータにRemo MOV Repairツールをダウンロードしてインストールします。 ツールを実行し、画面の指示に従います。 クリック "Browse" ボタンをクリックしてGoProビデオファイルを選択し、をクリックします "Repair" ボタン.

GoProビデオの不安定な修正 - Main Screen

図A:メイン画面

Step 2: このツールはGoProビデオの修正を開始し、進行状況バーのプロセスを監視することができます.

GoProの奇妙な再生を修正する方法 - View Repairing Progress

図B:修復進行状況の表示

Step 3: 修復したGoProビデオファイルを "Preview Repaired File" オプション。 最後に、固定ビデオフッテージを目的の場所に保存します "Save Repaired File" オプション.

Fix Choppy GoPro Video - Preview & Save Repaired File

図C:修復されたファイルのプレビューと保存