Remo Repair

Photoshopで破損した写真を修正するためのソフトウェア

現代では、写真は携帯電話、カメラ、現代のiPod、ビデオカメラなどの様々なガジェットを使ってキャプチャすることができます。 しかし、写真を撮った後では、WindowsやMacのコンピュータにファイルを転送してより良い視界と安全性を持たせることができます。また、効果を追加したり画像を編集したりするには、Adobe Photoshopを使用することができます。 編集した写真は拡張子.psdで保存されます.

しかし、予防措置を講じた後でさえ、PSDファイルは、予期せぬ予期せぬ状況によって壊れてしまう可能性があり、その結果、「PSDファイルを開けませんでした」、「Photoshopファイルは開けませんでした 予期せぬファイルの終わりが発生したため、リクエストを完了できませんでした」などといっても、これらのエラーは簡単に修正することができます。または、最良の修復ユーティリティを使用してPhotoshopで破損した写真を修復する方法 Remo Repair PSDと呼ばれる。 この修復プログラムは、Photoshopで破損した画像を数分で修復するためのユニークで高度な機能を備えています。 カラーモードで壊れたPSDファイルを修正する可能性がある.

PSD破損の原因は何か?

  • Photoshopイメージを保存中に突然のシステムシャットダウンやシステムの再起動などの中断が発生した場合、Photoshopはヘッダーとフッターの情報をPSDファイルに保存できないため、イメージが破損して見えなくなる可能性があります。また、PSDファイルの編集や作成中に、Photoshopアプリケーションが不適切に終了すると、写真ファイルが破損して、そのファイルにアクセスできなくなる可能性があります。
  • Photoshopで画像を編集した後、同じフォーマットまたは他のフォーマットで保存することができます。しかし、PSD形式を別の写真形式に繰り返し変更して元の形式に戻すと、ファイルが破損することがあります。したがって、ラウンドトリッピングのプロセスによって、Photoshopファイルにアクセスできなくなります。
  • あなたのPhotoshopの画像が致命的なウイルスにひどく感染した場合、その画像にアクセスできなくなる可能性があります。したがって、ウイルスはPSDファイルの破損の背後で大きな役割を果たします。
  • PSDファイルは、非互換性の問題、つまりAdobe Photoshopの別のバージョンでPSDファイルを開いたり編集したりすると、PSDファイルが破損するという互換性の問題が発生する可能性があります。
  • 不良セクタは、システムドライブの記憶領域であり、読み書き操作を実行できません。したがって、不良セクタに格納されたPSDファイルが破損し、アクセスできなくなる可能性があります。また、新しく作成したファイルをフォルダに保存しているときにシステムドライブに十分なメモリがない場合は、Adobe Photoshopでエラー警告が表示されることがあります.

Photoshopのイメージファイルは、ヘッダーの破損、アプリケーションの不適切なアップグレード、ストレージメディアの破損、転送エラー、ソフトウェアの競合、圧縮エラー、不正なダウンロードなどの理由により、破損して視聴できなくなる可能性があります。 あなたはこれらの状況に会ったことがあるなら、Remo Repair PSDツールを利用することでパニックに陥らないでください。Photoshopで壊れた写真を修正する方法を間違いなく知っています.

Remo Repair PSDソフトウェアを使用する理由?

Remo Repair PSDは、優れた、最も関連性の高いPhotoshopの破損画像修復ソフトウェアです。 PSDファイルとPDDファイルの両方を修復する機能があります。この実用的なユーティリティは、Photoshopの破損した写真をレイヤーとともに修正するのに役立ちます。このアプリの高度な技術と優れた機能により、市場で入手可能な他のPSD修復ツールと比較してより優れたオプションが得られます。 Windows 7、Windows Vista、Windows 8、Windows XP、Windows Sever 2003および2008)とMac(10.5、Mavericks、Mountain Lion、Yosemite、Leopard、ライオン、スノーレオパードなど)OSベースのマシン。

この強力なツールの助けを借りて、圧縮されたPhotoshopイメージだけでなく、大きなものを修正することができます。このツールを使用すると、初心者でも技術者でも、Photoshopで破損した写真を修正する方法を知ることができます。シンプルで使いやすいインターフェイスで構成されているため、数回の簡単なステップで修理プロセスを実行できます。このツールはまた、1チャンネルあたり1,8,16,32ビットの深さのPhotoshop画像を修復する可能性があります。また、Remo Repair PSDツールは、Adobe Photoshop 5.5,6,7、CS、CS2、CS5、CS7などで作成された破損したPSDファイルを簡単に修復できます。元の写真ファイルは変更されません。このウイルスフリーツールを使用すると、復元前に固定のPhotoshopイメージをプレビューすることもできます.

 
 

Photoshopで破損した写真を修正する手順:

ステップ 1: まず、MacマシンにRemo Repair PSDソフトウェアをダウンロードしてインストールします。 その後、アプリケーションを開き、画面の指示に従います。 クリック “Browse” ボタンをクリックして破損したPSDファイルを選択し、をクリックします “Repair” ボタン.

Photoshopで破損した写真を修復する - Main Screen

図1:メイン画面

ステップ 2: このツールは、破損したPhotoshopイメージの修復を開始します。.

Photoshopで破損した写真を修復する - Repairing Damaged PSD File

図2:損傷したPSDファイルの修復

ステップ 3: 固定Photoshop画像をプレビューするには、 “Preview” オプション。

Photoshopで破損した写真を修復する - Preview Fixed PSD File

図3:プレビュー固定PSDファイル

ステップ 4: 最後に、エラーのないPSDファイルを目的の目的地に保存します

Photoshopで破損した写真を修復する - Save Repaired File

図4:修復ファイルの保存