remorepair

スライドショー開始時にクラッシュするPowerPointファイルの修復

ユーザーがPowerPointツールで作業するのは非常に一般的ですが、作成、編集、処理、または保存している間も、PPTファイルの問題に直面しています。 この記事では、PPTファイルをスライドショーで開くとPowerPointがクラッシュし、 PPTファイルを開くことができません もう一度、適切な 修理の仕組み.

PowerPointプレゼンテーションがクラッシュしたり、スライドショー中に再生が停止することはまれなケースではありませんが、問題を解決するための適切なツールを探している人は誰でも見ることは非常にまれです。 むしろ、ユーザーはPowerPointファイルを修正する方法を思いついたり、同じファイルを何度も開いたりしようとすると、飽きることがありません。 あなたがこの記事を読んでいるなら、あなたがここでパニックに陥ることはもうなくなります。PPT関連の問題のすべてのタイプを数分の1分で修正する非常に効率的で互換性のあるユーティリティが導入されることになります。 すべてのコンポーネントの完全な回復。

Remo Repair PowerPoint ツール、PPTファイル修復に関する究極の救世主:

Remo PowerPoint ソフトウェアを修復するには、いくつかのエキサイティングな機能と、すべての種類のアクセスできない.pptファイルまたは.pptxファイルを完全にスキャンして修復する最も高度なアルゴリズムがあります。 他の同様のサードパーティ製のプログラムと比較して、このインターフェイスは理解しやすいガイドラインが付いている4つの簡単なステップだけで終了するので、非常に降下してユーザーフレンドリーなようです。 これは完全に非破壊的なので、読み取り専用の方法で動作し、PowerPointプレゼンテーションの元のファイル内容は変更しません。 この革新的な製品は、Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2008,2003などの最新のWindows OSのすべてのバージョンに簡単にインストールでき、スライドショー開始時にPowerPointがクラッシュするとPPTファイルが修正されます。 PowerPoint 2013、2010、2007、2003、2000などの任意のMS PowerPointバージョンで作成した後、スライドショーを開始するとクラッシュするPowerPointファイルを修復するのに役立ちます.

Remo Repair PowerPointソフトウェアの一般的な機能のいくつか:

  • モジュール、フォーム、イメージ、テーマ、コメント、表、スライドなどの読み取り不可能なPPTファイルのすべてのコンポーネントを完全に修復し、修復します。
  • スライドショーの開始時にPowerPointがクラッシュしたときにウイルスやその他の外部スレッドから解放され、PPTを修正するのに十分な能力
  • PowerPointプレゼンテーションスライドが圧縮されているか暗号化されているかにかかわらず、スライドごとに修正されます。
  • 内蔵または外付けのHD、メモリーカード、フラッシュドライブ、iPod、ペンドライブなど、あらゆる記憶媒体に格納された.pptファイルをすべて固定するのに役立ちます
  • 固定のPPTファイルを特定の場所に保存する前に表示できる、組み込みのプレビューオプションを提供します。
  • あなたを有効にする破損したPowerPointスライドを修正するデモ版で修復されたプレゼンテーションをプレビューすると、実際の購入の前に自分でPowerPointの修復に関する結果を見ることでこのツールを信じることができます
  • 24時間365日のテクニカルサポートが無料で利用でき、製品関連の問合せの解決に役立ちます

スライドショー開始時のPowerPointクラッシュの原因:

ほとんどの場合、PPTファイルは、あなたの知識の有無にかかわらず、一般にWindows PC内で発生する破損や損傷の問題のためにクラッシュします。 だから、これは人々がしばしば.pptファイルを扱う際に出くわす共通のシナリオのいくつかであり、最終的にアクセスできないファイルやクラッシュしたファイルを見つける:

  • 予期せぬパワーサージが原因で予期しないシステムが停止し、PPTファイルが破損または破損する
  • .pptファイルを不完全なPCハードドライブの場所に保存すると、ファイルが破損したり破損したり破損したりします
  • 重大なウイルスやマルウェアによるPPTファイルの感染により、ファイルが破損または破損する
  • オペレーティングシステムの不適切なインストールまたは再インストールは、PPTファイルの破損または損傷の原因となる可能性があります
  • ネットワークを介してPPTファイルを転送中に中断すると、ファイルが破損または破損することがあります

 
 

スライドショー開始時にクラッシュするPowerPointファイルを修復するための簡単なガイドライン:

ステップ 1: Remo Repair PowerPointソフトウェアのデモ版をダウンロードしてWindowsコンピュータにインストールするだけです。 ツールを実行し、修正するPowerPointファイルを選択してクリックします “Repair” 修復プロセスを開始するボタン.

Powerpointファイルを修正する方法 - Select PPT File

画像1:PPTファイルを選択

ステップ 2: プログラムが破損した.pptファイルをスキャンして修復している間に、修復プロセスを進捗ウィンドウで表示できます.

Powerpointファイルを修正する方法 - View Repair Process

イメージ2:修復プロセスの表示

ステップ 3: PowerPointファイルの修正が完了すると、このツールを使用して、固定PPTファイルを組み込みのヘルプでプレビューすることができます "Preview" オプション.

Powerpointファイルを修正する方法 - Preview Repaired File

画像3:修復されたファイルをプレビューする

ステップ 4: 最後に、固定PPTファイルを目的の目的地に保存します.

Powerpointファイルを修正する方法 - Save Repaired File

画像4:修復されたファイルを保存する