Remo Repair

Photoshopでエラーコード3を修正する方法?

“こんにちは、私の重要なPSDファイルは、Photoshopでアクセスできなくなってきました。 私がそれらを開こうとすると、エラーメッセージ3が私のコンピュータ画面に表示されます。 私は本当にそれにうんざりしています。 私はエラーコード3の意味を理解していません。 過去数週間から、私はこの問題に直面しており、適切な解決策を見つけることができませんでした。 PSDファイルはできるだけ早く修正してほしい、というのも、私にとっては非常に重要なことだから。 PSDファイルでエラー6を解決する方法を教えてください。 いくつかの正確な救済が必要.”

この種の問題では時々トラップすることもあります。 さて、心配しないでください。 エラーコード3の結果としてアクセスできないPSDファイルを簡単に解決できます。 Remo Repair PSDアプリは、適切かつ正確なソリューションです。 それは破損したPSDファイルを非常に簡単に修復する優れたサードパーティの修復ユーティリティです。 アクセス時にエラー3を生成するファイルもこのアプリケーションで修正できます。 PSDファイルの破損の原因が何であれ、Remo Repair PSDはエラーを修正してアクセス可能にするのに十分です。 このツールは自動化された方法で動作し、適切な画面に従うだけで済み、すべての問題はわずか数分で解決されます。 それは、見事に見えるトレンディでユーザーフレンドリーなインターフェイスが付属しています。 このPSD修理ツールのエラーコード3を使用するには、支援や特別なスキルは必要ありません.

エラーコード3とは何か、なぜ生成されるのか?

PhotoshopのユーティリティでPSDファイルにアクセスすると、さまざまな種類のエラーが生成されることがよくあります。 エラーコード3はそれらの1つです。 基本的に、PSDファイルが破損した場合、これらのエラーが発生します。 どのPSDファイルが壊れているかという理由で、多くの理由があります。 主な理由は以下の通りです:

  • 有害なウイルスは最も感染性の高いエージェントであり、ほとんどのコンピュータファイルを損傷します。 PSDファイルがこれらのウイルスにさらされると、それらは破損し、PSDファイルにアクセスしようとすると異なるエラーが生成されます。 エラーコード3の生成は、ウィルス感染のためでもあります。
  • PSDファイルが記憶媒体の不良セクタに保存された場合、ファイルはアクセス不能になり、アクセスしようとすると様々なエラーが生成されます。
  • PSDにアクセスしたときにPhotoshopユーティリティがクラッシュすると、破損する可能性があります。 一度それが壊れると、アクセス不能になり、エラーコードが生成されることがあります.

心配はありません、上記のすべての状況でRemo Repair PSDアプリがユーザーを助け、簡単に破損したPSDファイルを修正します.

Remo Repair PSDソフトウェアの驚くべき機能:

Remo Repair PSDは、ウイルスや疑わしいプログラムを含む様々な有害な要素から無料で優れたアプリです。 これは、ペンドライブ、内蔵ハードドライブ、外付けハードディスク、メモリカード、メモリスティックなど、さまざまな二次ストレージデバイス上のPSDファイルを修復することができます 修復破損PDD ファイル。 元のファイルを変更しない読み取り専用ソフトウェアは、   代わりに、破損したファイルをスキャンして新しいファイルを作成します。 それはと互換性があります   Windows 8、Windows 7、Vista、Windowsを含むWindows OSのすべてのメジャーバージョン   XP、Windows 2003、およびWindows 2008.この素晴らしいツールの試用版   ライセンスバージョンを購入する前に使用することができます.

 

 
 

Remo Repair PSDソフトウェアを使用してPhotoshopでエラーコード3を修正する方法:

まず、PCにRemo Repair PSDアプリをダウンロードしてインストールします。 あなたのWindowsシステムでユーティリティを実行し、下記の簡単な手順に従ってください:

ステップ 1: これで、アイコンをダブルクリックしてソフトウェアを起動できます。 つかいますBrowse” エラーコードを生成しているPSDファイルを選択するオプション3 “Repair” ボタンをクリックして修復処理を開始します。 アプリは選択したPSDファイルをスキャンし、エラーを修正します.

Photoshop PSDエラーコード3を解決する - Main Screen

図1:メイン画面

ステップ 2: 2番目のスクリーンショットでは、PSDファイルの修復プロセスを監視できます.

Photoshop PSDエラーコード3を解決する - Repairing Progress

図2:進捗状況の修復

ステップ 3: 修復が完了すると、健全なPSDファイルが表示されます。 つかいます “Preview” 修復されたファイルをプレビューするオプション.

Photoshop PSDエラーコード3を解決する - Preview Repaired PSD File

図3:修復されたPSDファイルのプレビュー

ステップ 4: 最後に、修復したPSDファイルをハードディスクの適切な場所に保存します.

Photoshop PSDエラーコード3を解決する - Save Repaired File

図4:修復ファイルの保存