Remo Repair

応答しないPPTファイルを修復する方法?

Microsoft PowerPointは、主に組織や教育機関でプレゼンテーション用のスライドを作成するために使用されます。これは、Microsoft Officeソフトウェアスイートの一部です。ユーザーは、Microsoft PowerPointアプリケーションを使用して、カラフルなテキスト、クリップアート、画像、背景、サウンド、アニメーションなどをスライドに追加して、より魅力的にすることができます。 MS PowerPointアプリケーションは、ユーザーが自分のアイデアを簡単に提示するのを助け、プレゼンテーションスライドをPPTファイル拡張子で保存します。

今、腐敗は、コンピュータユーザーが直面している最も一般的な問題の1つです。複雑な構造と幅広い用途のために破損しやすいPPTスライドにも影響します。ただし、時間と労力をかけて作成したPPTファイルを開こうとすると、「Microsoft Office PowerPointが動作しなくなりました」のようなエラーが表示されることがあります。これはPPTファイルが破損しているためにファイルにアクセスできなくなるためです。しかし、ここでは、作業を停止し、ファイルにアクセス可能にするPPTを修復するために、Remo Repair PowerPointツールの助けを借りて、.

「PowerPointが動作していません」というエラーの原因:

  • PowerPointは、以前にインストールしたアドインがそれを妨害すると動作を停止する
  • MS Officeソフトウェアの不適切なインストールがPPTファイルの破損につながる
  • ファイルを保存せずにPowerPointアプリケーションを閉じると、.pptファイルが失われます。
  • PPTファイルのウイルスなどの外部からの脅威の攻撃は、PowerPointファイルに損害を与え、ファイルを開こうとするとPowerPointが動作を停止したことを示します。
  • PowerPointソフトウェアで作業中にPPTファイルが破損すると、突然の突然の突然の突然のシステムがシャットダウンします。
  • 信頼できない回復ソフトウェアを使用して.pptファイルを不適切にリカバリすると、ファイルが壊れます。
  • 古いバージョンで作成されたPPTファイルを新しいバージョンのソフトウェアにロードしようとすると、ファイルが破損する可能性があります。
  • 他のデバイスからのファイルの不完全なコピーやインターネットからのファイルの不完全なダウンロードにより、.pptファイルにアクセスできなくなる
  • 無意識にPPTファイルのファイル拡張子を変更すると、ファイルが破損します。
  • 何らかの理由でPPTのヘッダーファイルが破損した場合、PPTファイル構造が深刻な影響を受け、応答が停止することがあります.

これらのように、PPTファイルの破損には非常に多くの理由がありますが、最も包括的な修復ツール、すなわちRemo Repair PowerPointがある理由で心配する必要はありません。 リストされた.

Remo Repair PowerPointソフトウェアを見てみましょう:

Remo Repair PowerPoint 多くの時間を無駄にすることなくPPT、PPS、PPTXなどの理由でアクセスできないファイルや深刻な破損したPowerPointファイルを修正する機能を備えているため、最も信頼できる修復ツールです。 それはあなたに役立ちます 破損したPowerPoint 2013ファイルを修正する 作成されたプレゼンテーションスライドを含む 2000年、2002年、2003年、2007年、2010年などの他のバージョンのMicrosoft PowerPoint

その他の機能,

  • 破損したPPTファイルから内容を抽出し、元のPPTファイルに損傷を与えないように新しいファイルを作成します。
  • このソフトウェアは、テキスト、書式設定、アニメーション、サウンドエフェクト、イメージ、OLEオブジェクト、壊れたPPTファイルからのハイパーリンクを含むフィールドなどのすべての要素を修正し、回復することができます
  • 復元前に修復された.pptファイルを表示するプレビューオプションがあります。
  • 回復されたPPTファイルは、システムにアクセス可能な任意の場所に格納できます。
  • 実際のプレゼンテーションヘッダーとフッターでPPTファイルを復元します。
  • Windows 8、Windows 7、Vista、XP、2000,2003などのWindowsオペレーティングシステムのすべてのバージョンをサポートしています。

あなたが取るべき予防措置:

  • ファイルを保存せずにMS PowerPointアプリケーションを不適切に終了しないでください
  • 強力なウイルス対策プログラムを使用して、致命的なウイルスを駆除し、定期的に更新する
  • 重要なPPTファイルを一部のストレージデバイスにバックアップします

 
 

作業を停止したPPTを修復する:

ステップ 1: Remo Repair PowerPointツールをダウンロードし、Windowsコンピュータにインストールします。ショートカットアイコンをダブルクリックするか、スタートメニューからソフトウェアを起動します。 を活用する “Browse” ボタンをクリックして、壊れた/破損したPPT 2010ファイルを選択します。 選択後、をクリックしてください “Repair” ボタンをクリックして修復処理を開始します(図1参照)。.

応答しないPPTを修復する - Select PPT File

図1:PPTファイルの選択

ステップ 2: 図2に示すように、プログレスバーを見るだけで、PowerPoint修復プロセスを監視します.

応答しないPPTを修復する - Repair Process

図2:修復プロセス

ステップ 3: 破損したPPT修復処理を実行すると修復されたPowerPointファイルをプレビューすることができます “Preview” 図3に示すようなオプション.

応答しないPPTを修復する - Preview Repaired File

図3:修復ファイルのプレビュー

ステップ 4: 最後に、 “Save” オプションを使用して、修復したPowerPoint PPTファイルを図4のように自分の希望する場所に保存します.

応答しないPPTを修復する - Save Repaired File

図4:修復ファイルの保存